日銀短観から見る2020年以降の日本景気【今から不景気に備えよ】

この記事は約4分で読めます。

日銀短観から見る2020年以降の日本景気【今から不景気に備えよ】

どうも。セミリタイアブロガーのレオです。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

今回は、2020年は不景気に備えよというテーマとします。

2018年初頭をピークに右肩下がりの日本経済

先日、最新の日銀短観が発表されました。

短観(「タンカン」と読みます)は、正式名称を「全国企業短期経済観測調査」といいます。統計法に基づいて日本銀行が行う統計調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としています。全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施しています。

短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査しています。

引用元:日本銀行

よく景気の良い悪いで利用される「業況判断」の値ですが、大企業の製造業が5でした。

3ヵ月後は2と予想されています。

 

あともう少しでゼロを割り込んで、マイナス圏内に突入しそうです。

中小企業の製造業は、もうマイナスに突入しています。

  • 緑:製造業(大企業)
  • オレンジ:製造業(中小企業)
  • 黒:全産業(全規模)

引用元:日本銀行-時系列統計データ 検索サイト

俺は製造業ではないから関係ないぜ😎

という貴兄も全産業でみても右肩さがりです。

グラフを見ると2018年の初頭がピークで、それ以降は右肩下がりです。

もうアベノミクスや官製相場の効果が、結構前から、切れていたと言えるでしょう。

 

日銀短観の詳細は以下リンク

http://www.esri.go.jp/jp/tie/je1970s/je1970s.pdf

 

日銀短観のデータをグラフ化したい場合は以下リンク

日本銀行時系列統計データ検索サイト

製造業以外も見れるのであたなの産業をチェック可能です!

一度マイナスになると数年は厳しい状況

次は1970年~2019年という50年を見てみましょう。

  • 緑:製造業(大企業)
  • オレンジ:製造業(中小企業)
  • 黒:全産業(全規模)

引用元:日本銀行-時系列統計データ 検索サイト

一度マイナス圏内に突入すると、数年は景気が悪い期間を、受け入れなければいけなさそうです。

2019年10月から消費税が10パーセントになりました。

増税の度に個人消費にブレーキが掛かり景気が停滞してきました。

東京オリンピックが過ぎれば、国として特に大きなイベントもありません。

 

米中貿易摩擦、今回発表された日銀短観、消費税が10パーセント。。。

ポジティブに考えても、今景気が上がる要素がありません😢

 

食品が8パーセント据え置きですが、肉や魚を入れているトレイは消費税10パーセントです。

値上げしていない店舗はトレイの値上げ分を店舗側で負担してくれているのですが、それもいつまで持つかわかりません。

 

ガソリン代も大きく下落する感じではなさそうです。

輸送費が上がれば、すべての商品の値段に跳ね返る可能性もあります。

スポンサーリンク

別に悲観的になる必要もなく、むしろチャンス

当記事は別に読者に不安を煽っている訳ではありません。

来るのであれば、自分なりの準備をすればいいだけです。

  • 副業をはじめる
  • 奥さんにパートに出てもらう
  • 無駄な保険を解約する
  • 格安SIMにする
  • 転職を検討する
  • 投資の勉強をはじめる

むしろ、チャンスだと思います。

2010年以降、資産を増やした人が大勢いました。

それは、株などを安い時期に大量に買って、高い時に売り抜けたからです。

またそういった相場が来るかもしれません。

なのであなたが投資未経験でも、来年以降は大きく稼げるチャンス相場かもしれません。

いつ相場の大底かなど未来をピタリと当てることは不可能なので、よくわからないよ、という人はドルコスト平均法で地道に買い増すでもよいでしょう。

 

来年不景気が来なくても、いつかはやってきます。

リーマンショック以降、比較的右肩あがりの相場でしたが

「永遠に右肩上がり」は絶対にありません。

反対に「永遠に右肩下がり」もありません。

 

下がった時にどういう準備や行動が出来るかが、大きな資産を築ける分かれ道になります。

何をすればよいかは以下を参考にしてもらえれば分かると思います。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

 

とっととセミリタイア資金を貯めて、会社組織という名の謎の母体から脱出すべきです。

そしてセミリタイアをしたら、自分が興味があることを徹底的にやるべきです。

では、皆さんによいセミリタイア生活の未来があることを願っております😊

 

※投資は自己責任です。

本ウェブサイトに掲載された情報に基づいてなされた判断により発生したいかなるトラブル・損失・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。

コメント