スポンサーリンク

20歳で全財産7万円が25年後4000万に【千里の道も一歩から】

20歳で全財産7万円が25年後4000万に【千里の道も一歩から】 

どうも。セミリタイアブロガーのレオです。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

 

リタ男
リタ男

今日はどんな内容ですか?

レオ
レオ

どんな大きな目標でも、最初の一歩を踏み出さなければいけないという話だよ。

リタ男
リタ男

くわしく教えて下さい!

ウサギタイプより亀タイプのほうがゴールテープを切れる

僕は20歳から45歳まで東京で仕事をして

33歳の時に

「どんなに遅くても50歳までにセミリタイアする!」

と一念発起し、4000万円の資産を貯めてようやく、セミリタイアしました。

 

そして、33歳でようやく

「どんなに遅くても50歳までにセミリタイアする!」

と決め、最初はお金を増やそうと、当時ブームだったFXに手を付けます。

しかし2年で100万くらい負けました。

FXに懲りた僕は、

35歳から債券や株をドルコスト平均法で毎月コツコツと投資を始めます。

投資を長年続けていると、

負ける月や年トータルで負ける年ももちろんあります。

リタ男
リタ男

負けるとヘコむよね。

誰だって右肩上がりで資産が増えて欲しいですが、投資の世界ではそんな事はありません。

「永遠に右肩上がり」はなく

「永遠に右肩下がり」もありません。

時には1年で株安、円高などの影響で400万円くらいマイナスになった時もあります。

しかし、それでも毎月コツコツと買い増しました。

リタ男
リタ男

レオさんがよくいう「毎月コツコツ」だね。

多くの負ける投資家がチャートが少し下がったら、売ってしまい、相場から退場し

「投資なんて勝てない」

「投資なんて損する。現金が一番だ!」

となるためです。

上がっても下がっても、毎月決まった日(例えば25日)に買い増すことを

長年コツコツと続けることが、リスクを0に近づける最も適切な最適解です。

これは学歴、センス、運に左右されません。

 

多くのセミリタイアブログを血眼になって見てきた私が断言できます。

投資では一部の天才か強運の持ち主を除いて

ウサギタイプより亀タイプのほうがゴールテープを切れます。

補足すると

100人のウサギタイプは5人はゴールテープを切れます。

カメタイプより早くです。

その5人は天才か強運の持ち主です。

100人のカメタイプは98人はゴールテープを切れます。

 

ここで言うゴールテープはセミリタイアです。

僕には、特段素晴らしい能力や運がありません。

もしあればFXで大勝ちしていたでしょう。

 

北海道の名寄市という田舎に生まれ、

両親や姉は高卒、親戚で4年生大学を卒業した人はいません。

そんな不利なDNAでもセミリタイア出来たのは

相場が上がっても下がっても、感情を抑え、無機質に機械的に毎月コツコツと株や債券を買い増した結果です。

リタ男
リタ男

レオさんがよく言う「ドルコスト平均法」だね。

特別な投資手法など一切使っていません。

僕より経済やチャートの見方に詳しい人などゴマンといます。

でもセミリタイアは可能なのです。

新人の頃は本当に金が無かったです。

当時、会社の近くに「神戸らんぷ亭」という牛丼屋があり、そこの牛丼並みが290円。

昼はほぼ、毎日並盛で済ませていました。

 

20歳のまだ若い胃袋はそんなんでは物足りなく、夕方の16時くらいにはもうお腹がへります。

給料が出た直後などは大盛にしたり生卵をつけるのが贅沢でした。

そんな人でも、時間をかければセミリタイアは可能です。

ラッキーで得たお金はメンタルが追いつかない

「宝くじで高額当選した人が、その後散財して一文無しになった」

そんな話を聞いたことがありませんか?

なぜ僕なんかより多い資産の人が一文無しになるのでしょうか?

答えは簡単です。

ラッキーで得たお金はありがたみがありません。

足が地についていないどころか上空5000メートルくらいで浮ついています。

リタ男
リタ男

風速数メートルでどこかに飛んでいきそう!

普段から支出を下げる努力をし、その浮いたお金を使って毎月コツコツと資産を積み上げている人とはメンタルが違います。

大地にしっかりと根をはり、風速100メートルでも吹き飛びません。

コツコツと貯めた資産は

こんな数千万など散財したらすぐなくなる

という事が身に染みています。

それと支出を抑えているのでそもそも変な見栄や物欲も薄れます。

これは間違いないです。

 

なのでラッキーで得た4000万円と、

長年積み上げた4000万では同じ金額でもメンタルが違います。

リタ男
リタ男

同じ金額でもメンタルが違うんだね。

もし僕がFXで数千万円のお金を得ていたら、

メンタルが鍛えられておらず、散財していたはずです。

それだけ短期間で大金を手にするとメンタルの鍛錬がおろそかになります。

ある意味FXで負けたのはいい経験でした。

世の中には

短期間で10倍、100倍になる

みたいなキャッチーな誘いが多いです。

誘惑に負けてはいけません。

99.999パーセント詐欺です。

千里の道も一歩から。その一歩は今日からやるべき

33歳時点の僕にとっては、4000万というのは

とてつもない金額で果てしない金額でした。

リタ男
リタ男

僕も果てしないと感じるよ。

しかし、そこで最初の一歩を踏み出さなければ

今も50歳を過ぎても下手したら60歳を超えても

自分の人生を会社に支配されている側のはずです。

どんな大きな目標でも、最初の一歩を踏み出すことです。

まさに

千里の道も一歩から

です。

本気でセミリタイアを目指すのであれば

その最初の一歩は来月でもなく、来週でもなく、

今日からです。

最初の一歩は早いほうがいいです。

遅く開始するメリットなど一つもありません。

人生最大の失敗はセミリタイアを計画したのが33歳と遅すぎたこと1
セミリタイアを目指すのはいつですか?60歳まで働きますか?セミリタイアの準備は早めがいいです。来年でも来月でも来週でも明日でもなく「今すぐ」やりましょう。そのほうが後悔が少ないです。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。

20歳時点で全財産が7万円だった僕

未だに忘れもしません。

僕が20歳の年末の全財産はたった7万円でした。

一応、冬のボーナスも出たのですが、社員数15名程度の零細企業だったので額面で14万程度です。

その時に発売された初代プレイステーション本体とゲームソフトを買い、その他諸々の物を買い、その結果、社会人1年目の年末時点の全財産は7万円です。

リタ男
リタ男

たった7万だったの?

あれから25年。

7万が4000万円になりました。

約570倍です。

当時の僕にとっては、4000万どころか100万すら、とてつもない大金に思えました。

しかし、転職や昇給などを経て24歳くらいでようやく生活が多少ですが、まともになり、そこまで困窮しなくなりました。

そのくらいから、セミリタイアの準備をしておけばよかったのですが。。。

非常に後悔しています。

まとめ

繰り返しになりますが、

長期投資では一部の天才か強運の持ち主を除いて

ウサギタイプより亀タイプのほうがゴールテープを切れます。

元メジャーリーガーで、数々の世界記録を更新したイチローも

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

と話しています。

今となってはとても身にしみます😁

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

では、皆さんによいセミリタイア生活の未来があることを願っております😊

リタ男
リタ男

地道にやってきた人が最後に勝つって美しいね。

仕事だとそうはいかなけど。。。

レオ
レオ

リタ男くんも最初の一歩を歩んでみるんだ!

関連記事です。

株価が93万倍に成長した米国の株式に投資する【歴史が証明済です】
何に投資すべきか。これはもう答えは出ています。米国200年の歴史で誰が見ても米国株式に投資するのが多くの人の最適解です。現金保有が一番損します。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
どういう考え方ならお金が貯まるの?【3つの大きな柱が存在します】
お金を早く貯めるには「収入の金額」、「支出の金額」、「資産運用」の3つの柱を意識すべきです。何となく貯金を頑張るだけでは、ずっとお金は貯まりません。非常に重要な考え方になります。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
会社や上司の愚痴を言わなくなったら貯蓄体質に【愚痴は意味なし!】
セミリタイアを本当の本気で目指すなら酒飲んで仕事や上司、会社に対して愚痴っても何も生まれません。むしろそのお金、時間をもっと有効活用しましょ。投資の勉強、休息、ポートフォリオの見直し。いくららでもやることがあります!早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
投資を始められない理由トップ10をすべて解決します【まずは行動】
投資って興味があるけど、なんとなく難しそう。どうやってやればわからない。誰かに後押しして欲しい。そんな悩みを解決する記事です。セミリタイアをするには投資は必須科目と言えます。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。

 

SNSフォロー
fireretire01をフォローする
スポンサーリンク
お金の貯め方
シェアする
fireretire01をフォローする
誰でもセミリタイア可能

コメント