25年仕事をして最悪だった上司の話です【部下をウソつき呼ばわり】

この記事は約11分で読めます。

25年仕事をして最悪だった上司の話です【部下をウソつき呼ばわり】

どうも。セミリタイアブロガーのレオです。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

リタ男
リタ男

今日はどんな内容ですか?

レオ
レオ

僕が尊敬できなかった上司の話だよ。

リタ男
リタ男

くわしく教えて下さい!

あなたの上司はどうですか?

僕は20歳から45歳の25年間、SEとして仕事をしていました。

今まで様々な上司がいましたが、最悪だった上司の話です。

僕が22歳から31歳の9年間、在籍していた会社の話です。

 

その上司をHさんとします。

Hさんは僕が29歳の時に中途入社してきて、数ヵ月後に僕が所属する課の課長になりました。

Hさんは当時35歳です。

最悪ポイントは5つです。

  • 部下を信用しない
  • 勝手にルールを捏造する
  • 手柄を横取り
  • 上層部にヘコヘコ、部下にはイバり散らす
  • 課の売上ダウン

では深掘りしていきましょう。

部下を信用しない

Hさんが課長になった時、僕は「課長代理」という役職でした。

部下が5人いました。

 

「課長代理」というと

  • なんだ!レオは優秀なのか?
  • だからセミリタイアできたのか?

と思われてもイヤなので説明しますが、僕が優秀だったわけではありません。

僕がいた課は自分より若く社歴が浅い人が多く、なんとなくの流れでトコロテン方式で押し出されただけでそうなりました。

僕のヘタレっぷりは学生時代のエピソードを見てもらえるとわかります。

学生時代のヘタレエピソード

管理人レオの超ヘタレだった学生時代のエピソードです。
特に中学時代が最悪でした。
でもやり方次第ではセミリタイアは可能です!

 

僕を含めて課長代理は3人いました。

 

Hさんが課長になった当時、僕は客先で常駐作業をしていました。

※IT業界ではよくあります。

 

そこの客先の作業が非常に忙しく毎日24時前後まで残業、休日出勤はあたりまえ、GWもまともに休める状態ではありません。

そうなると、寝る時間が少なくなり、ちょいちょい10分程度の遅刻をするようになります。

会社のルールで遅刻する時は、上司に電話で連絡をするとなっています。

 

レオ
レオ

おはようございます。Hさん。今日は10分くらい遅刻しました。

上司
上司

「は?なんで?」

レオ
レオ

昨日残業で帰りが遅くて。。。

上司
上司

「何時に帰ったの?」

レオ
レオ

25時くらいです

 

上司
上司

は?最近お前遅刻多いよな?昨日遅かったなんて嘘じゃないか?

お前が一人だけ仕事が遅くて残業してるんじゃないか?

 

レオ
レオ

「いえ違います。ひどい人は朝方4時までやっている人とかいますよ」

上司
上司

「ウソつけ!ありえないだろ?」

レオ
レオ

「本当なんです」

こんな感じでこちらの話など全部ウソと決めつけます。

 

なんてこんなに信じてもらえないのか?

そう思った僕は、現場にいるとても忙しい人にお願いしました。

こういう事情で僕の上司が、ここの現場が毎日みんな遅くまで残業していると信用してもらえない。あなたの勤務表を上司に見せていいですか?会社名や名前は消すので

本来こんなことを、別の会社の人にお願いするのは筋違いですが、そうすることにしました。

その人の勤務表は

  • 9:00~27:30
  • 9:00~28:00
  • 9:00~25:30

こんなのが連発です。

 

これで信用してくれるだろうと、そのエクセルファイルを上司にメールしました。

中には僕より忙しい人もいます

みたいな説明をメールをしました。

 

しかし、Hさんの反応は

上司
上司

ウソをつくな!人間こんなに働ける訳ない!

と、何をしても信用してもらえませんでした。

スポンサーリンク

手柄を横取り

こんな事もありました。

Hさんから

うちの課の退職者を減らし、みんなのスキルアップを目指すために、お前の意見を聞かせろ!

と言われました。

 

比較的、古株だった僕は、いくつか案を出しました。

Hさんは、次の会議で社長や部長の前で発表すると言っています。

その会議は課長代理以上は出席しなければならないので僕も参加しました。

 

そこでありえない事が起こりました。

Hさんは

退職者を減らすためには・・・

みんなのスキルをアップするには・・・

と発表しています。

レオ
レオ

・・・ん?僕が言った事を丸パクリでは?

Hさん独自の意見はないのか???

まあ、いいや。。。

Hさんの発表が終わり、社長が

「Hは、よくみんなの事を理解しているな。お前が全部考えたのか?」

レオ君の意見も参考にしました。

・・・と言ってくれると期待したが

上司
上司

社長。すべて私が考えました(ニヤリ)

そして僕をチラっと目で牽制しました。

(お前、余計な事を言うなよ)

 

目線は、そう僕は感じました。

 

この人は本人の目を前にしても、でも部下の手柄を横取りか・・・

もう信頼度はゼロどころかマイナスです。

勝手にルールを捏造する

こんな事もありました。

ある日社員旅行がありました。

僕は忙しすぎていけなかったのですが、後から言った人の話を聞きました。

「いやー、レオ。マジで最悪だったよ」

レオ
レオ

「何が?」

「Hさんだよ!」

話を聞くとこういう事がありました。

社員旅行は課単位で言ったので、その中でHさんより偉い人はいません。

バスをチャーターして東京から新潟までスキー旅行に行きました。

Hさんはタバコの煙が嫌いです。

 

部下に何人か喫煙者がいて、バス内でタバコを吸ったらHさんが

おい、お前ら!バスの中は禁煙だぞ!今すぐ消せ!

と怒鳴り、変な空気になったそうです。

 

しかし、そのバスは「喫煙可能」でした。

そう。Hさんは勝手に自分ルールを作り、社員旅行の行きのバスの雰囲気をぶち壊しました。

社員旅行自体がすごく楽しくなかったと言っていました。

 

Hさんは気に食わない事があると部下を怒鳴る。

こんなことはよくありました。

 

僕も吸わないですが、バス内が禁煙でない限り、そこまでいうつもりはありません。

上層部にヘコヘコ、部下にはイバり散らす

ある日、Hさんから

「課の売上管理表を書くのを手伝え!」

と言われました

レオ
レオ

「納期が目前なので、今はちょっと・・・」

しかし帰ってきた言葉は

部下が上司の命令を聞くの当然だ!

これは業務命令だ!

Hさんの2大口癖がこれでした。

 

 

レオ
レオ

売上管理表を書くのは課長の仕事じゃん!

なんて僕が?

 

ともやもやしながらも、僕は書きました。

一部書き方がわからない箇所があり

レオ
レオ

Hさん。ここは何を書けばいいんですか?

「・・・本部長に聞いてくる。」

あんたも知らないんかい!

Hさんは本部長に聞きに行きました。

その光景がいまだに忘れません。

200パーセントの作り笑顔で本部長に話しかけ、軍隊ばりの頭ペコペコ。

そして「揉み手」・・・

 

ドラマやバラエティのコントでしか見たことがないような「揉み手」

「揉み手選手権」とかあれば日本代表になれるのでは?

 

上の人間の前ではペコペコする態度は何度もありました。

 

こりゃダメだ。。。。

課の売上ダウン

僕はHさんの事は大嫌いです。

が、僕も29歳。プロのSEです。

 

別に課長の役割は、部下と仲良くすることではないです。

課の売上を伸ばす事

それが最大の仕事です。

 

しかしHさんが課長になっても、売上は下がり、退職者は減らず、課の雰囲気もお通夜みたいです。

課の売上が影響してボーナスも下がりました。

一番の要因がHさんが仕切っている、Javaの案件がトラブっているからです。

この人は疫病神だ。。。。

課長にさせられそうになった

ある日、僕はHさんに飲みに誘われました。

「大事な話がある・・・」

そして居酒屋に到着。

僕は早く帰りたいので

レオ
レオ

「話ってなんですか?」

「お前はなんでそうすぐ本題に行きたがるんだよ!」

と怒鳴られました。

 

いやいや、あなたの事が嫌いだし。。。

 

話の内容は、

別の課の課長が退職するからそちらの課長をHさんがやり、Hさんの後釜を僕にやらせようと社長に提案しようとしている。

・・・え?

今でさえストレスMAXなのに

部長、課長の関係になったらもっと濃密に関係性が深くなるじゃん!

そもそも僕を課長にするって、自分がイライラした時のおもちゃ代わりでは?

 

そんな大事な話を即答できる訳もなく、1週間後に返答する事にしました。

レオ。ついに反撃!

そして1週間後。

僕はHさんと2人で会議室にこもり、課長をやるかどうか返答しました。

僕の出した結論は・・・

別の部署に異動させてもらいます。

それが認められないなら会社を辞めます

「・・・・・・」

Hさんは鳩が豆鉄砲を食ったようです😂

もちろん理由も聞かれました。

レオ
レオ

これ以上、Hさんとは仕事が出来ない

Hさんがよく言うセリフで

コミュニケーションが大事

という言葉があります。

 

 

レオ
レオ

Hさんが言うコミュニケーションって、つまり上司と部下の関係性しか求めてないですよね?

部下は上司の言うことを聞けとか。これはコミュニケーションではないですよ。ちなみに僕の家族構成知ってます?兄弟がいるとか?」

 

「・・・・・」

 

レオ
レオ

知らないですよね?だってコミュニケーションなんてとれてないから

「・・・・・」

レオ
レオ

僕の出身地知ってますか?

「・・・・・」

レオ
レオ

Hさんは、部下から何回飲みに誘われました?

「・・・・・」

レオ
レオ

課の飲み会で、いつもHさんの横の席に誰も座らないのはなぜですか?

「・・・・・」

レオ
レオ

社員旅行でバス内がタバコOKなのに、禁煙だから吸うなって怒鳴ったのはなぜですか?

「・・・・・」

レオ
レオ

その話が社長に伝わって、社長が”俺が吸っていたら怒鳴るのか?”と聞いたら”いいえ”と答えたそうですね?

「・・・・・」

※ちなみに社長にチクったのは僕😁

もう、僕がオフェンス一辺倒です!!!

「しかしレオ。部署を異動するといっても俺が承認しないと異動できないぞ」

レオ
レオ

そんなことはないです。上司が直接の原因の場合、Hさんの承認は必要ありません

「・・・・・」

ちなみにそんな明確なルールなどなく「勢い」で言いました😎

 

「いや、そんなことはない!」

レオ
レオ

異動が認められなかったら退職するだけです。

「・・・・・」

「レオにも部下がいるだろう。見放すのか?」

この質問も、あるだろうとシュミレーション済です。

レオ
レオ

「僕は課長代理の前に1人のエンジニアです。エンジニアが、よりよい環境で仕事をしたいと思うのは当然です。」

「・・・・・」

 

僕がここまで強気になれたのは当然、勝算がありました。

無策では闘いは挑めません。

 

社長も本部長もすごく保守的で排他的です。

つまり僕のような古株は可愛がり、Hさんのような新参者は受け入れない人でした。

20代の僕はいい感じの社畜で残業、飲み会、会社のイベントはほとんど参加していたので

社長や本部長のハートを、がっちりキャッチしていました。

 

そして2ヵ月後、僕は別の部署に異動することになりました。

25年仕事をしていて、社長や本部長を味方につける

政治的な力

を初めて使いました。

 

その後、Hさんは居づらくなったのかその2年後には退職しました。

そもそも、課の売上も上がらず、社長や本部長に気に入られているわけでもなく、部下からの評判も最悪だったので、自業自得でしょう。

まとめ

あなたがもし、Hさんのような上司に苦しんでいるのであれば、

異動をお願いするか、退職でもして距離を取るべきです。

少しでもホワイト企業で頑張ってセミリタイアを目指すべきです。

 

僕は上司に対してそこまで多くは望みません。

基本部下は放置で、何かあったらアドバイスをくれる程度でいいと思います。

この程度でも素晴らしい上司ではないが邪魔もしないし別に嫌な上司ではありません。

H氏は

部下が上司の命令を聞くのは当たり前

最悪、業務命令ですべて済まそうとしている

こんな人でした。

あなたの会社の上司は大丈夫ですか?

人生の時間は有限です。

こういう上司に振り回されていてはもったいないです。

 

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

では、皆さんによいセミリタイア生活の未来があることを願っております😊

 

関連記事です。

25年仕事をして1人だけ尊敬できた上司の話【こんな上司なら良い】
あなたの会社の上司は大丈夫ですか?尊敬出来ますか?25年もの長い間、仕事をして1人だけ尊敬できた上司の話です。こんな上司はそういないので、早くお金を貯めてセミリタイアしましょう!
ワンマン社長に天罰か?盟友からの社内クーデターの話【自業自得!】
あなたの会社の経営陣は一致団結していますか?お友達感覚ではないですか?もし経営陣が崩れると会社が崩壊します。そんな会社は早めに見切りをつけるべきです。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
絶対に無理なスケジュールを押し付ける会社は縁を切ろう【健康第一】
進捗管理者でも無理だと思うスケジュールを押し付けてくるプロジェクトの話です。何のための進捗管理者なんでしょうね?会社組織とは不思議です。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
女性が出世するのはそこまでしないとダメなのか?【取締役の餌食に】
女性というだけでお酌を強要されたり、それ以上の事を求められてはいませんか。日本企業は女性というだけで理不尽な扱いを受けることがあります。時にはマスコット的な事もさせられるかもしれません。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
スポンサーリンク

 

コメント