60年以上連続増配の超優良企業P&Gを紹介!【おすすめの米国株】

この記事は約3分で読めます。

60年以上連続増配の超優良企業P&Gを紹介!【おすすめの米国株】

こんにちは。誰でもセミリタイア可能ブログ管理人のレオです。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

リタ男
リタ男

今日はどんな内容ですか?

レオ
レオ

米国の企業「P&G」の紹介だよ。

リタ男
リタ男

くわしく教えて下さい!

見事な右肩あがりのP&G様!

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)はまさに投資家向けにある企業といっていいくらい素晴らしいです。

以下は直近50年の超長期チャートです。

TradingViewより引用

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア
リアルタイムの価格、無料のチャートと専門家のトレードアイデアを。TradingViewは株・先物・FXのトレーダーと投資家のためのソーシャルネットワークです。

どうですか?

見事な右肩あがりです!

リーマンショックなど「一時的」に落ちることはあっても、数年で元の株価以上に回復しています。

まさに「王道中の王道」の投資先となっています。

絶大な信頼感があります!

リタ男
リタ男

凄い右肩あがりだね!

僕のポートフォリオでもダントツのエース格でした。

もう僕は、P&G様に足向けて寝られません😊

63年連続増配という偉業!

株価が右肩あがりなのも素晴らしいですが、P&Gはなんと63年連続増配というすごい企業なのです。

63年というと当サイトを見ている読者の生まれる前から株主に優しい企業です!

米国の企業は日本企業より「株主に還元する」という文化が根付いています。

その代表格がP&Gです。

リタ男
リタ男

米国企業は株主に還元する文化が強いよね!

日本では花王が29年連続増配が国内では第一位の企業です。

花王もP&Gも紙おむつやヘルスケア用品など生活に密着した商品を扱っています。

こういった業種は不況に強いと言われています。

 

不況になってもハンドソープや紙オムツ、シャンプーやリンスを買わないという行動はとらないですよね?

スポンサーリンク

今はやや高値圏か

ただ、直近1年は右肩上がりすぎるので、長期投資と言えど少しでも安く買いたい場合は、私なら80ドルくらいまで落ちてきたら、相場に参加するという判断をします。

私は2013年からドルコスト平均法で毎月少しずつ買い増し、2018年以降に急激に伸びたので現金化し、セミリタイア資金の一部に充てることが出来ました。

リタ男
リタ男

いつ下がるか分からないから待てるかな。

80ドルくらいまでいつ落ちるかなど誰もわかりませんし、二度と80ドルにならない可能性もあります。今から買い増すのが正解かもしれません。

それの答えは10年後、20年後くらいに出るのです。

 

しかしドルコスト平均法で買い増せば、長期で考えるといつ買っても誤差範囲の結果しかでません。

それがドルコスト平均法の優れている部分で、政治、経済、チャートの見方など

「何にも知らない人」でも相場に参画可能です。

10年以上長期で保有する気でいれば今から毎月少しずつ買い増すのもありでしょう。

とっととセミリタイア資金を貯めて、会社組織という名の謎の母体から脱出すべきです。

そしてセミリタイアをしたら、自分が興味があることを徹底的にやるべきです。

 

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

では、皆さんによいセミリタイア生活の未来があることを願っております😊

関連記事です。

投資を始められない理由トップ10をすべて解決します【まずは行動】
投資って興味があるけど、なんとなく難しそう。どうやってやればわからない。誰かに後押しして欲しい。そんな悩みを解決する記事です。セミリタイアをするには投資は必須科目と言えます。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
株価が93万倍に成長した米国の株式に投資する【歴史が証明済です】
何に投資すべきか。これはもう答えは出ています。米国200年の歴史で誰が見ても米国株式に投資するのが多くの人の最適解です。現金保有が一番損します。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
200年以上の歴史がある高配当の豪州の銀行!【おすすめの外国株】
オーストラリアにある知る人ぞ知る銀行「WBK」をご紹介します。高配当で有名で個人投資家にも人気があります。「ARD」対象なので現地に税金を取られないのも魅力です。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
スポンサーリンク

※投資は自己責任です。

本ウェブサイトに掲載された情報に基づいてなされた判断により発生したいかなるトラブル・損失・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。

コメント