なぜ個人投資家は勝てない?理由はちゃんとあります【負けたくない】

この記事は約7分で読めます。

なぜ個人投資家は勝てない?理由はちゃんとあります【負けたくない】

どうも。セミリタイアブロガーのレオです。

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

リタ男
リタ男

今日はどんな内容ですか?

レオ
レオ

個人投資家の資金では、チャートのトレンドを作れないから「別の作戦で戦ったほうがいい」という話だよ。

リタ男
リタ男

くわしく教えて下さい!

個人投資家の資金では相場に影響は与えない

投資と言うのは、綱引きのようなものです。

綱引きはパワーが勝敗を決めます。

投資の世界では金額の量が勝ち負けを決めます。

 

株でも、ドルでもなんでも、よいのですが、

  • 買った合計金額が100億円
  • 売った合計金額が50億円

の場合、

そのチャートは上向きになります。

これだけ聞くと

男性
個人投資家

今からドルを買うからチャートは少し上向きになる

と考えるかもしれません。

 

個人で5000億円とか投資できる人は

チャートに現れるくらい大きなパワーを持っています。

リタ男
リタ男

そんなお金ないよー!

しかし、年収が数百万の人が、一度に買う金額はせいぜい数百万円でしょう。

その虎の子の数百万円を投資したところで、チャートに何も変化が与えられません。

東京証券取引所の1日の売買金額は「兆」単位です。

兆単位の世界に、数百万円を投資しても「全く」といっていいほど影響がありません。

機関投資家は個人とは別物である

その反面、機関投資家は個人とはケタ違いの資金があります。

リタ男
リタ男

機関投資家?

レオ
レオ

保険会社、銀行、証券会社、政府機関などの大口投資家の総称だよ。

機関投資家は個人とは全く性質が異なります。

  • 資金量が違う
  • 情報量が違う
  • 天才たちがウヨウヨ

資金量が違う

これはもう説明は不要ですね。

機関投資家は何千億、時に兆単位のお金を動かせます。

 

個人投資家は、投資額が1億でもあれば、とんでもないお金持ちと言えるでしょう。

しかし機関投資家にとっては

ププ。たった1億の資金なの?

その程度の資金量では、チャートを動かす力はほとんどありません。

鍛え上げられた軍人と小学生が本気で喧嘩するようなものです。

もうやる前から結果は分かりますよね?

 

機関投資家が大量に買うとチャートが上向きになり、トレンドが作り出せます。

個人投資家ではこれが出来ません。

トレンドを作るのはいつも「金持ち」です。

情報量が違う

資本主義の世の中では

金持ちには上質の情報が最初に集まり、貧乏人に回ってくるのは一番最後

という残念な事実があります。

 

一般の人が情報を仕入れるにはテレビ、ネット、新聞、雑誌などタダ同然の媒体ばかりです。

そういう安い媒体で仕入れた情報は鮮度が悪いです。

 

いい例がビットコインでしょう。

かなり上がりきっている時にテレビが取り上げ、それを見た一般の人が

そんなに儲かるんだ。。。

と資金を投入し、十分上がりきった後に、大量の資金で上向きトレンドを作った機関投資家が

はい。皆さん。お疲れ様です。

これから数百億単位で決済します。

となり、チャートが右肩下がりになり、気づけば個人投資家は損する。

これが

金持ちはずっと金持ちのまま、貧乏人はずっと貧乏のまま

という図式になります。

単純に個人投資家は不利なんです。

 

ビットコインが過熱した時に僕の母が

あんた「ビットコイン」って知っている?

なんか儲かるって聞いたからやろうかな。

30万くらいなら用意できそうだし。。。

と、投資なんてやった事がない母がとつぜん言いだしてビックリしました。

レオ
レオ

こんな金融リテラシーが低い母の耳にまで入るってことは、

もうすぐ下落するな。

僕は全力で反対しました。

レオ
レオ

頼むから、やらないで欲しい!

と。

そしてご存じの通り、その後ビットコインはダダ下がりしました。

金持ちのマネーゲームに、わざわざ付き合う必要なんてありません。

スポンサーリンク

天才たちがウヨウヨ

証券会社にトレーダーとして採用された人達は

プロの現役トレーダーから超エリート教育を受けます。

そして成果が出ない場合は短い場合だと3ヵ月でクビになります。

機関投資家は、勝たないとクビになったり会社が倒産してしまうからですね。

なので死に物狂いです。

残っている人は

  • なんとなく投資を始めた人とはセンスが違います
  • 努力量が違います
  • 周りにベテラントレーダーがいて最高の教育を受けられます

個人投資家は、本やネットで仕入れた方法で戦っても勝ち目が薄いです。

 

機関投資家はすごいエリートばかりです。

そのエリートを育てるのも時間と費用が掛かっています。

しかし素人の個人投資家は

男性
男性

自分でも出来そう。

老後2000万円も必要というし投資で儲けようかな

と安易に考え、機関投資家のいい「お客さん」になります。

いつも投資の世界だけ甘く見られる

大谷翔平選手は160キロの剛速球を投げます。

これを見て

自分も160キロ出せそう

とは普通は思わないです。

 

大谷選手は生まれ持ったフィジカル、センス、練習量、環境などがあり、160キロを投げられます。

 

しかし、投資に関しては

男性
 

あの人ができるなら自分にも出来そう

楽して儲けたい

と妙にハードルが低くなりがちです

当ブログでは何度も説明したように、

短期売買で長年勝てる投資家は

一部の天才か強運の持ち主だけです

なので個人投資家は、機関投資家には、なかなか勝てません。

結局インデックスファンドをドルコスト平均法で買うのが最適解

リタ男
リタ男

残酷な事実だね。

僕らみたいなサラリーマン投資家はどうすればいいの?

兆単位のお金は用意できないよ!

カモられたくないよー!

僕ら個人投資家が負けるリスクを0に近づけるには

当ブログで何度も言っているように

「S&P500」などのインデックスファンドを

徹底してドルコスト平均法で買い増す

これが多くの人にとっての最適解です。

僕もこの方法でセミリタイア資金を貯めました。

弱者には弱者の戦い方があります

リタ男
リタ男

機関投資家に勝とうなんて思ってはだめだね

まとめ

テレビなどで

  • 今、〇〇の株が爆上がりです
  • 〇〇コインが熱い!

なんて紹介されても、その鮮度が落ちまくった上昇株を後発で買っても刈られるだけです。

なぜなら機関投資家が作り上げたトレンドです。

 

個人投資家がもうこれ以上投資出来ないところまで、株価を釣り上げた後に機関投資家は一気に売り抜けます。

テレビやネットでトレンドを仕入れても遅すぎます

繰り返しになりますが、

機関投資家は個人とは全く性質が異なります。

  • 資金量が違う
  • 情報量が違う
  • 天才たちがウヨウヨ

それを理解した上で投資をしましょう。

 

大損する確率を下げたいのであれば長期で

「S&P500」などのインデックスファンドがおすすめです。

ドルコスト平均法なら、高くても安くても毎月一定額を買うだけで済みます。

ストイックな勉強も、抜群のセンスや運も不要です。

 

僕が10年間実施していたお金の増やし方【誰でも再現可能です!!】

では、皆さんに、よいセミリタイア生活の未来があることを願っております😊

関連記事です。

株価が93万倍に成長した米国の株式に投資する【歴史が証明済です】
何に投資すべきか。これはもう答えは出ています。米国200年の歴史で誰が見ても米国株式に投資するのが多くの人の最適解です。現金保有が一番損します。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
株で4000万借金を背負った格闘家【投資の天才と勘違いしてた?】
短期売買の怖さは1回の負けで全財産を失うことでです。手元の100万が来月には200万になって欲しいという欲を抑えて、長くコツコツと投資できる人が勝てます。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう!
投資を始められない理由トップ10をすべて解決します【まずは行動】
投資って興味があるけど、なんとなく難しそう。どうやってやればわからない。誰かに後押しして欲しい。そんな悩みを解決する記事です。セミリタイアをするには投資は必須科目と言えます。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
買い物はお金を払っているのではなく命を払っている【大マジメな話】
お金を払って買い物をするという何気ない行為はこれは命を払っています。会社員などの労働収入の人は自分の時間(命)をお金に換えて、そのお金で買い物をしているという意識をセミリタイアを目指す人は持ちましょう。早くお金を貯めてセミリタイアしましょう。
スポンサーリンク

コメント